<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< わんわんわん、そして、わんわんわんわん。 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
今年もよろしく!(最後の日記)

あけましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願い致します。

 

沢山の可愛いお年賀状をありがとう〜〜!!!

メールも沢山、ありがとう〜〜!!!

何度も何度も読み返しながら、今年はゆっくりとお休みを頂きました。

2018年が、皆様にとって、この星だけでなくこの宇宙にとって、、、

そして、私やスタッフにとっても、最高に楽しい平和な一年であります

ように、、、心から祈ります。

 

幸子が8歳の時にかかってしまった「免疫介在性溶血性貧血」の為に始めた

このブログはこの日記で最後になると思うので、ちょっと長くなります。

どうか、お時間がある時にお付き合い下さい。


 

昨年は我が家から「いぬ」がいなくなった年でした。

いぬのいないクリスマスもお正月も25年ぶり。

いぬどころか、鳥もカブトムシもウサギも、、誰かしらいつもいたから

本当の一人は生まれて初めてです。

 

  (15年ほど前の「家族の写真」です。)

   

でも、昨年は、沢山の友人やお客さまに、今まで以上に「愛」を頂いた年

でもありました。無言の愛も、痛いほどに感じた年でした。

幸子が4月5日に、パパとママのところへ行き、みんなは私が気が狂うの

ではと、それはそれは、、、遠まきに、そして、腫れ物に触るように気を

使ってくれたり、そっとお花が玄関に置いてあったり。

オーダーのメールのなかにも、こっそりと埋め込まれたみんなの気持ちが

優しく伝わってきていました。ありがとう。

 

みんな、天使のポーチの中に入っちゃった。。。

 

でも、私は大丈夫!!!

 

大晦日の日に、幸子がパパとママと手を繋いで帰ってきたの!!!

そう。いわずと知れた、ご存知「秋草愛」さんの作品です。

相変わらず、何もわからずに過ごしていた9ヶ月だったけど、、

やっと、やっと、、号泣!!!

「みんな、可愛すぎたんだ!!私はみんなを愛しすぎたんだ!!

 私達は、私達は幸せすぎたんだぁあああああ〜〜!!」

と、大泣きしました。

 

愛ちゃんはいつもそんな時に、そっと、黙って傍にいてくれます。

大好きで大好きなソウルメイトです。一緒に年越し蕎麦も食べました。

ひょんなことで知り合った愛ちゃんは13年間、私達家族を描き続け

最後には三匹の写真すら見ないでも描けるほどによ〜〜く、よ〜く、

みんなの事を知っていました。性格はもちろん、尻尾の先の特徴まで。

だから三匹とも(偏屈なあゆ子さえも)愛ちゃんにはひっくり返って

甘えまくっていました。

愛ちゃんのことが、みんな大好きでした。

沢山たくさん、可愛がってもらいました。

年末にはアトリエに通って、額縁まで直々に作ってくれました。

 

 (額縁職人にハマりそうな愛ちゃん!)

ふたりで数えてみたら「はたらくいぬ」シリーズも入れると16枚もの

家族の絵を描きつづけてくれていたのです。そしてエンディングがこの

「天国の家族のフィギア」「会えたよ!」「みんな一緒!」です。

みんな一緒では、妹のマジュも幸子と一緒にブランコで楽しそう!!

今までありがとう。本当にありがとう。


私は幸子の死が上手く理解できなかったことが、そして、どうやっても

思い出せないことが、やっと年末にネットの記事であることを知ってから

ちょっとだけ腑に落ちました。

幸子は亡くなった瞬間に私の中に入ったのです。

私達は「同化」したのです。

だから、悲しくなんてないのです。

 「同化」とは・・・

ここに添付しておきますね。きっとこんな思いで苦しんでる人が私の周り

にも沢山いるのでしょう。ぜひ、読んでみてください。

 

革職人だった私がいつの間にか犬具職人になり、本当に沢山のわんこ達と

出会い、何万本という数の首輪やリードを作らせて頂く中で、当然飼い主

さんたちの思いにも、嫌というほどに触れてきたわけです。だからこそ、

自分の記憶喪失になるほどのへなちょこぶりには、嫌気がさしていたわけ

ですが。支えなくてはいけない立場の私が、支えることも出来ない。。。

でも、それぞれの家族、ぞれぞれの愛の形、それぞれの関係、それぞれの

感情、沢山あっていいのです。そしてあたりまえなのです。

へなちょこはへなちょこ、、これでいいのです。

という事を、やっとやっと理解してきました。

 

私は一応「犬関係」の仕事なので、もっともっとクールにしなくちゃ。

って思いすぎていた。ただのへなちょこ飼い主のクセに。。。

「亡くなったら、泣いて泣いて号泣して、悲しむだけ悲しんで、

 そして、きちんと立ち直って、また、次の出会いをちゃんと求めて

 保護いぬなどを受け入れて、共に暮らす。」

これが私の理想でしたが、それどころではない自分が本当にダメダメで、

自分を責めてばかりいました。

実は幸子が亡くなってから「この子、めぐさんに飼って欲しいの!」と

いうようなお話が沢山あったのですが、とにかく苦しかった。

もちろん無理。この三匹だけとの生活が長すぎた。そして、闘病生活と

介護生活が長すぎた。

お気持ち、、ありがとう。でも、今はまだ、私は一人でいたい。

出会いがあるとしたら、いつか、神様が与えてくれるのでしょう。

 

お正月にはゆっくりと写真の整理をして、ブログも読み返して、みんな

の首輪のお手入れをして、、、な〜んて、壮大な計画がありましたが。

結局、何一つ出来なかった。昔のブログなんて、まだ読めないよ。

でも、それでいいのです。それが私にとっては自然なのです。

無理なことは、無理なのです。だから、何にもしなかった。

もう、無理はしない。

 

今は、愛ちゃんの作ってくれたフィギアと、

たくさん描いてくれた絵で充分満たされています。

そんな気持ちにさせてくれるアーティストとの出会いに感謝です。

 

  「天国の家族のフィギア」  

 

   「会えたよ!」

 

   「みんな一緒!」

 

今まで描いてもらった絵で、私の寝室は夢のような空間です。

 

 


そして、この最高の天国からのメッセージを最後に、

幸子の病気の為に立ち上げたこのブログ、これで一旦、終わりにします。

途中からはほぼ老犬介護の日記にもなっていましたが、もし参考になるよ

うなことがあればという思いでこのままHPのTOPには置いておきます。

たまに気が向いたら覗いてやってください。

この子達の生きた軌跡です。沢山の情報も書いてあるつもりです。

 

(今は三匹の代りにされている奴ら・・・WWW)

 

ホームページの製作日誌を、元通りに「ブログ」に戻しましたので、

日常のことも含めて仕事の事ももちろん含めて、これからも「ブログ」

は書き続けていくつもりです。

もちろんたまには三匹も登場するでしょう〜!

なんといっても、健吾@ぬんぬんがいなければ、アトリエSASHA

というブランドはこの世になかったわけですから、

恥ずかしながら、、これからも健吾が「社長」です(笑)

 

「Sandy」というハーブのお仕事も、資格をとって始めたばかり

でしたが、自分の犬の病気の為に始めたハーブの栽培でしたのでしば

らくはお休みします。

私の体力では、ちょっとキャパオーバーでした(笑)

(そんなことはお構いなしに、逞しいハーブたちは元気に生きていま

 すが!)

 

これからも「革工房アトリエSASHA」をどうぞよろしく!

しばらくは体調をコントロールしながら、片腕のRIKAとも

ども、、、ますます、みなさんの大切で可愛い家族の為にも、

専業であった革工房に専念します。

 

(これも15年ほど前の全員、若かりし頃の写真です。)

 

今まで、このプライベートブログ(雑記帳)を訪れてくれた

沢山の皆さん、お客様、友達、このブログで知り合った大切

な仲間達。ありがとう。

本当に本当に10年間、ありがとうございました。

また、私が「いぬ」と暮らせる日をどうぞ楽しみに見守って

いてやってくださいませ〜〜!!

そして、これからは「ブログ」のほうに、

ぜひ、遊びに来てやってください!

更新したら「FB」のほうで報告いたします。

インスタもがんばろう〜〜っと!!

 

本当にありがとう。またね!!

本当にこの子たちとの生活は、最高にしあわせでした。

皆さんのおかげです。

 

おのめぐみと健吾と杏樹と沙紗より。

 

かしこ

 

| - | - | 3DOG’s CAFE |
スポンサーサイト
| - | - | - |