<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
わんわんわん、そして、わんわんわんわん。

11月11日。

わんわん、わんわん!!

今はいぬが居なくなってしまった我が家だけれど、、、。

だけど、この日は私にとっては忘れられない大切な日。

 

昨年の今日、早朝に電話が鳴った。私の古くからの友人のりりィ姉ちゃん

の訃報だった。彼女と最後にメールで連絡をとったのは11月5日が最後。

ベーシストでもあった彼女はベースの日の11月11日。

そして6時9分、ロックな時間に、かっこよく旅立って行ったのだった。

若い頃から沢山のことを教わった、本当に本当に大好きな姉ちゃんだった。

りりィもずっと、シェルティーと暮らしていたんだよ。

 

八丈島に私が渡った日は、実は、彼女を鴨川の海に散骨した日でもあり、

だから私は船の上からずっとずっと海を見ていたのです。

そして、息を呑むほどに群青だった八丈島の海。

小さな波が数になり、重なり合っては大きな海に帰っていくのを

だから私は飽きることなくずっと見ていたのです。

 

 

それはまるで彼女が言葉を紡ぐように、終ることなく繰り返されていた。

足の指の間を群青が流れる静かな時は、まるでりりィとの会話のようだっ

た。そして、空と海の境目から、りりィが

「めぐ、がんばって生きるんだよ!」

と言った。まるで幸子が居なくなった事を知っているかのように。。。

 

群青の海を手ですくう。

そうすると一度、手の中で透明になった美しい水は、

海に戻ると、また、何事もなかったように群青になった。

それを、ずっとずっと繰り返していた、あの日。

りりィも、幸子も、そして私も、同じ海なんだなあって思ったあの日。

それから、ちょうど半年が過ぎた。


すっかり、ブログを書くことどころか、写真を撮る事すらできなくなった

私に、このブログに訪れてくれるみんなは、無言でエールを送り続けてく

れていた。

だから、私も、無言で答えていた。ありがとう。色々あったんだ。

でも、みんなみんな、いろんなことがあるんだよね。

だから、無言でもいいから、ずっと繋がっていたいよ。

 

 

そして、私の最愛の母の命日も

11月1日。

わんわん、わん!!

それを挟むように、あゆ子とぬん吉の命日も続き、

お花とお線香でいっぱい。

 

 

今は庭を訪れる鳥さんに毎朝ご飯をあげたり、

桜草に蜜を吸いに来る虫や、カマキリをからかったり、

たまに公園に行って、幸子にお土産を拾ってきたり。

 

まだまだ、しばらくは仕事に没頭しつつ、ゆっくりと時間を過ごします。

止まらない、動物愛、植物愛、仕事愛、友人愛、、

そして、あゆ子とぬん吉と幸子愛。

 

そういえば、わけあって、この人たちはある友人宅にお泊りしています!

 

 

幸子のこと、まだわからないままの私だけれど、

イルカとイルカに乗った少年に、幸子の服を着せ替えたりしている

もうすぐ還暦な私です(笑)

 

 

このブログももう10年。

本当にたくさんの方が訪れてくれて、たくさんの友人もできました。

仕事のお客様も沢山訪れてくれました。

ありがとう。

めぐさんは、がんばっているよ。

まだまだ、いつも、健吾と杏樹と沙紗のことばかり考えているけれど、

でも、大丈夫だよ。

みんなのわんこ達のグッズを作らせてもらって、

写真を見せてもらって、

本当にこの仕事で良かったって思うよ。

 

かしこ。

| - | - | Megu’s BAR |
初盆

幸子に作った「天使のポーチ」

今年のお供えはぜんぶ幸子が好きなものにした。

まだあんまり甘くないかもしれないけど、桃も買ったよ。

また、パパに食べられないようにしないとね。

今度はお母さんが見守っててあげるよ。

 

美味しいさくらんぼや、桃のスイーツのお供え。

お花やお線香。

いつもいつも、みんなみんな、送ってくださって本当にありがとう。

幸子のことでは、たくさんのお客さまに心配をかけてしまい。

でも、みんな経験があるから、そうしてそっと寄り添ってくれる。

私と同じように「悲しみがやってこない」「涙が出ない」「思い出せない」

という人も案外いらして、メールをしていて、なんだかちょっと腑に落ちた。

あまりにも長く患って、支え続けていた飼い主は案外そうなるみたいだ。

と、、、ひとごとのように分析。

そう。

私はまだ、全然わかってないのです。

困ったものです。

早く顔が腫れるくらい泣きたいのです。

 

ブルーベリーを摘みながら、ついつい、後ろを振り返ってしまう。

あ、、いないのか。

去年までは「お母さん、早く採って!」といって、後ろで足踏みをしている子

がいたのにな。

スーパーに行っても、ついつい幸子のモノを買ってしまう。

あ、、いないのか。

モヤシとか小松菜とか。私はそんなに好きじゃないのに。

水曜日になると「今日は病院だっけ? いやいや、、ちがう、ちがう。」

 

日々、小さなことが、全てまだまだそんな感じだ。


 

写真家の友人が最後に撮ってくれた写真を本にしてくれた。

最高の思い出をありがとう。少し、涙が出そうになった。

嬉しくて、一日に何度も何度も見る。

仲良しだったな。私たち。

 

でも。

そう。

幸子は、パパとママのところへ行ったのだ。

そして、お盆の間は帰ってくる。

 

迎え火。

お供え。

お線香。

お経。

 

にぎやかに、しめやかに。

私の両親と猫。そして健吾と杏樹と沙紗。

うれしいなあ。今日からみんな、帰ってくる。

 

こうして、色々な儀式をしながら、時を刻みながら、

みんな理解していくのだろう。

そして、魂で繋がっていくのだろうか。

供養という事は、きっとそういう事なんだ。

お盆休みって、遊ぶ為じゃないんだよ。

供養するためなんだ。

| - | - | Megu’s BAR |
自然の師匠たち

久しぶりの「Megu‘s BAR(婆?)」

相変わらず、庭仕事は出来なくて、庭は荒れっぱなし。

このキノコ。食べられるのかなあ・・・

来年の春にはきちんと手入れを始めよう。。。


ウッドデッキも悪天候も手伝って蜘蛛の巣だらけ。

でも、私はぼーーーーーっと「蜘蛛」を眺めているのが大好きなのだ。

蜘蛛は最高の職人であり、狩人で、、そして、哲学者だ。

小一時間も眺めていると、その仕事っぷりというか生き様には感激する。

縞々のでっかいボスがいる。その作品は本当に見事だ。

大雨の日は仕事を休み、ひたすら動かずに体力を温存している。

獲物は瞬間移動して捕獲し、一瞬にして「自分のポジション」に戻る。

ある日の朝、私はいつものようにボスを眺めていた。

職人としてはその技術も盗みたい一心で蜘蛛の巣を張る作業も見せて頂く。

「ドリームキャッチャー作るのうまそうだなあ。。。」とか思いながら。

「時給高そうだなあ、、、」とか思いながら。

あまりの長雨にかなりじっとしていたボスだけど、この間は逆さになって

蜘蛛の巣の真ん中で両手を挙げて「くるくるくるくる」回っていた。

いっぱいあるからどれが手か足かわかんないけど。

そうか、晴れた日には、この体操をしろと私に言ってるのだな。

誰も見ていないのをいいことに、私も両手を天に向けて「くるくるくるくる」

私は手が二本しかないので、真似をしやすい。

体操まで教えてくれるのかーー。なんだか、肩がすっきりしたぞ。

 

んんん????

えええ????

 

脱いだ。

するりと。自分を。

蜘蛛って脱皮するんだ。知らなかった。

出来ません!師匠〜〜!!

これは無理だ。簡単には真似できん。

でも、、、私にもきっと脱皮しろって言ってるんだな。

師匠、深すぎです。

そんな朝のウッドデッキでの時間が、かなり好き。

幸子が起きるのがとても遅いので、朝の5時頃から、一人でそんなことしてるの。

 

今日はトカゲが私が突然椅子を動かした事にビックリして、尻尾を切って逃げた。

命を守るためのあまりにも切ない、そして、見事な習性。

これからは椅子を動かす時はもっと気をつけなくちゃだな。


そして、私は雲も好き。

流れる雲をぼーーっと眺めてるのも好き。

 

そういえば、一度だけ、ミラクルを起こしたことがある。

ぬんぬん(幸子の父犬)が、13歳にして手術をする事になったとき。

彼はとんでもないアレルギー持ちで、すべての薬が使えず、おまけに注射は

アナフィラキシーショックを2回も起こしているので、全身麻酔なんて、

とんでもなかったのだけど、でも、歯肉炎が悪化してもう、選択肢は抜歯しか

ないという事態になったのだ。

命がけの全身麻酔。私は覚悟を決めて祈る事に徹した。そうするしかなかった。

敏腕ドクターを信じ、私は祈る為に、近所の露天風呂に行った。

天気のいい日だった。

流れる雲を見ながら、人になんと思われようが祈った。(もちろん素っ裸で)

当時「正心整息法」という呼吸法での祈りにハマっていたので、ずっとずっと。

そして、雲を見つめ続けていると、、、、、

くもの形が

「KENGO」

になったのだ!!!

なにこれ???自分の目を疑った。

隣のおばちゃんに「すみません、、、アレ、何て読めますか?」と確認した。

私は自分が夢を見ているのか、はたまた心配すぎて気が狂ったのかと思ったのだ。

そのくらいくっきりと文字になっていた。

おばちゃんは「K E N G O」って読めますね。と。。。

うわああ〜〜〜。念が通じた。。。

雲って本当に動かせるんですよ。でも、まさか自分が出来るとは。

もちろんぬんぬんは手術が成功して、無事に生還。

 

やっぱり、そろそろ幸子と一緒に怪しい神社作ろうかなと、真剣にもくろみちう。

(嘘です)


でも、巫女さんと言われて拝まれている幸子にも沢山教わることがある。

彼女は朝、脳に酸素を回すためなのか、何度も何度も大あくびをする。

それも、真似。そうすると、体が少しずつ動いてくる。ふむふむ。

自然界では動物たちは、自分のストレスをその都度解除するために

とても人間では真似が出来ない速さで「ぶるぶるぶるぶる」と体をふるわせたり、

鳥は「ばたばたばたばた」と羽ばたきをして、自分を開放する。

無駄なエネルギーは放出するのだ。

それも、真似している。

動物たちの誰にも教わっていないのに、きちんと自分を守っている仕草や生き様

を目の当たりにすると、、

自分の弱さを思い知る。人間が一番だめな生き物のような気がしてくる。

 

17歳半の幸子の目を見ていると、もう、師匠だ。

まあ、巫女とか、ゾンビとか、婆さんとか、師匠とか、、、

幸子もいい迷惑だろうが、たくさんの事を教わってるのは事実。

そして、、、食べたいくらい可愛い奴だという事も、これまた、事実。

 

かしこ。

(なんだか、最近勝手に改行が変わってしまうので、、読みづらくてすみません。)

 

 

| - | - | Megu’s BAR |
さちこさちこ〜〜
相変わらず、婆ちゃん中心の日々。

朝はものすごく遅く、起きてきます。
「おかあさん、、??何食べてんの??」と起きてくる。

一日中、何をしでかすか予測がつかない、かなり危険な婆さん。
どこにもいない!!と思ったら、、、

幸子ロードのドン付きで行き倒れww
この間も私の枕の上にどっかり坐って笑いながらオシッコしてた。。。
「そろそろビニールプールに入れちゃうぞ!!まだ早いでしょ!!」
これが幸子婆さんへの脅しの決まり文句です。

パパとママは超危険人物になってからはずっとプールでした。

最近は、スーパーとかでビールを買うと機械がしゃべる。
「年齢の確認をおねがいします」と、変な声で。
ちょっと前まではいちいち店員さんが
「画面のタッチをお願いします」というので、
「面倒だな、見りゃわかるだろ。」
と思ってイラッとしていた。
でも、最近は私の変わりに店員さんがパパッと勝手に画面を触る。
「おいおい、、ちゃんと確認してくれよ!」とまたまたイラッとする。
年をとるって、こういう事〜〜??

人にも犬にも、お年寄りには優しくしましょう。

庭のセージの花が咲きそうで!!
もう、それだけでも幸せです。
幸子はヨレヨレだけど、公園に行くとめちゃくちゃ嬉しそうで幸せです。

幸せ探しな日々。

今、ハマってるのは「幸せな納豆の食べ方」

玉ねぎのみじん切りとアボガドをませる。
そして、調味料はそのつど。もちろん納豆についてるタレとからしでOK。
でも、「黒種草の種(ブラッククミンシード)と黒種草オイル」とか、
「麻の実ナッツ」とか「しょっつる」や「ナンプラー」や。。色々試して
楽しんでいる。マヨラーとしては、マヨネーズは必須。
これに「鳥のささ身」なんて入れた日には、幸せ倍増だし、
「マグロのなかおち」なんて入れた日には、空を飛べそうに幸せだ。
幸子は玉ねぎ抜きを食べる。口の周りをくわんくわんにしながら。。。
今日の3分クッキングでした。

熊本の友人と連絡がとれて、本当に安心している私です。
個人的に、少しずつ何かして上げられたらと思っています。
一人ひとりが、出来ることから少しずつ。がんばれ九州!!!

かしこ。
 
| - | - | Megu’s BAR |
ふわりなでしこ
コンビニのおにぎりを、いまだに上手く破れなくて、たまに頂いたりしても
いちいち、ぐちゃぐちゃにしてしまうおのめぐみです。
だいたい、「おにぎらず」・・・って・・・なにっ??
にぎればいいじゃん!!

ラインしかやらない友人とは連絡すら上手く取れなくなりました。

材料を入れたら、料理が出来る鍋なんて、無くなればいい!!

もう、いちいち、世の中の事が気に入らないのです。
そんなお年頃な偏屈ばばあになってきた。ますます。どんどん。
でも、そのうち、私も何も出来なくなって、コンビニのおにぎりや、新種の鍋
などのお世話になって「ありがたや、ありがたや・・」って、思う日も来るの
かな。やだな。
といいながら、、、、
最近ネットスーパーなるものを初めて利用しましたよ。超便利。うふふ。


幸子は最近どこで知ったのか「ふわりなでしこ買って〜〜」といつも
言ってるので、買ってあげました。うそです。友人のキーホルダーです。

てっぺんの薄毛が気になるお年頃だそうです。

公園はもう、タンポポも咲いていた!

菜の花と幸子のこらぼれーしょん。

今は毎日は行けないけれど、暖かい日のカートでのお散歩は本当に楽しい。
梅祭りでお好み焼きを買ったら、
「お〜〜〜!!」「お〜〜〜!!!」と、死ぬほどうるさかった幸子。
もう、私は本当に隠れたかった。。。もしくは置いて帰るか。
ちなみに「お〜」はおこのみやきの「お」だと思われます。。。


今日はあゆ子の誕生日でした。天使の、じゃなく、本当の誕生日。
アネモネ買いました。
ちょっとだけしんみり。会いたいなあ。あゆ子に。
何年たっても、一番いい犬だったと思う。そんな奴っているんだな。
超個人的な好みだけど、私はとにかく無愛想でまじめでフレンドリーでは
ない犬が好き。黙っててもわかる、的な。
クソまじめそうな犬が人と目もあわせずにじーっとたたずんでたりなんか
したら本当にやばい。
無愛想好きです。かなり。
人間も。
じーーー。ぼーーーー。
というタイプの友人が圧倒的に多いな。
それでも分かり合えるのが絶対条件だけど(笑)


そんなわけで(どんなわけで??)最近は「和のハーブ」にちょっとハマってる。

頂いたゲンノジョウコ。
黙ってるけど、植物の力はやっぱり本当にすごいのです。

なんだか、春なのに偏屈で無愛想な日記になったな。
もうすぐ三月だよ。

 
| - | - | Megu’s BAR |
仲良くなった大きな木
毎日まいにち、「あたしたちってさーーー。会えて良かったね〜!」って
言いながら、いちゃいちゃしてる幸子と私。

もう16年も一緒にいるのに、毎日ばかみたいに「出会えた奇跡」を喜ぶ。
私は大好きな友人に会うときも、いつでもそう思う。
よく出会えたねーー。って。
こんなに広い世界で、同じ時期に生を受けて出会えるって、凄すぎる!!

最近では二人とも年をとったので、カートで、寒くも暑くもない時間を選んで
農家で野菜を買ってから、隣の公園へ行く。

そして、公園でも沢山ある木のなかで、特別に仲良くなった木のもとへ。
よっこらしょって腰を下ろして、仲良くなった大きな木の根っこに座らせて
もらう。

なんだか、お父さんみたいな感じだな。
しばらくはそこで、気功をしたり、瞑想をしたり、幸子にオヤツを上げたり
して過ごす。
また来るね、って言っても何にも表情を変えないで「でん」としてる大きな木。

近くにこんなに優しい存在の木があるだけで、毎日がとても豊かになるね。
また会いたくて、元気でいられる。

 
| - | - | Megu’s BAR |
不思議な力 
庭のベリーの実。



もう6月。そして、梅雨。

やっとカレンダーがこの子達に!!

ハーブを育ててもう11年たつな。
でも植物とも相性ってあって、どうやってもうちの子にはなれないハーブも
沢山あった。不思議だなあ〜。
それは、単純に「日当たりとか」「湿気とか」そういう事じゃないんだな。
人間も犬も同じだ。
きっと、理屈なんかじゃないんだよな。

最近は私も還暦って奴も見えてきて、色々とメンテナンスをしています。
世の中にある、たくさんのセラピーや治療。
そこにも、相性ってあるんだな。


音叉治療(サウンドヒーリング)
そして、友人がやってくれる、アクセスバーズ
他にも奇跡的に出会えたたくさんの治療師の人たちや、セラピスト。
みんな、人のための道を選んだ人は素晴らしい人。

「いまここ」という考え方はウィリアムレーネンさんも、エックハルトトール
さんも、数ある著書の中に記しているけれど、犬はいつも「いまここ」だ。
だから、犬に教わることが沢山あるんだ。今までも、これからも。

自分を整えると、きっと近くにいる「同じ波動」の植物や動物も一緒に豊か
になれそうな、そんな気がするね。
そして、周波数が同じ人や動物や植物が沢山まわりに集ってくるんだね。
 
| - | - | Megu’s BAR |
真里という星
SASHAにはとても大事なスタッフがいました。
黙々と背中を丸めてパソコンに向かい、私の超苦手なエクセルでの表作りや、
細かい事務仕事をこなしていた真里。
仕事が終っても、私にまとわりついて、なかなか帰ろうとしなかった真里。
去年の「国立ゆる市」にも顔を出してくれてた真里。
この場で報告するのもどうしようかなと思ったけれど、
このブログも私たちSASHAの大事な歴史。
そして、私たちが大好きでとても信頼していた真里のことはやっぱり残して
おこうかな。
出来ればずっとずっと一緒に仕事がしたかったよ。
ゴールデンウィークの前の日に静かに星になった真里。
そんな素敵なスタッフがいたことを、ぜひ知っていて欲しかった。
永遠に真里は私たちの仲間です!
ありがとう!!ずっと大好き!!
美人さんで明るくて一生懸命輝く素敵な星に出会ったら、それが真里です。


 
| - | - | Megu’s BAR |
ニゲラサティバ

二ゲラサティバという植物。
「死」以外の全ての病気を治す???すんごい!!!

お正月に友人がくれた種を蒔いてみました。

ハマりやすいので、シード(種)を山のように買って、調味料として
なんにでもかんにでも、かけて食べてます!苦くて私は大好き!
でも、リカチは大嫌いみたい。
これはいきなり手の平に乗せて、味見をさせちゃった私のせい。
何もかも、第一印象は大事だったな・・・
ブラックシード、ブラッククミン、黒種草、いろんな名前でヒットしますよ。
でも、犬に与えていいのかどうかがわからずに、幸子にはあげてません。


ジャガイモ料理とかに混ぜると、怪しい味になって美味しい〜〜。
早速お客さまにいただいた玉ねぎも使って、サラダにかけてみた。
うっめ〜〜!!

母の日に〜〜。お客さんからのダンボールをあけると〜〜。
お庭で育てたお花がぎっしり!!その下には採れたて玉ねぎがいました。
早速毎日、血液サラサラ〜いただいておりますよ。
母の日だからじゃないと思うけど、、、(W)なんだかジンとした。。。
うれしー。ありがとう。

去年も今年もワタクシ、実はちょっと、庭仕事はお休み中でして。
最低限の事だけ友人に頼んでいます。
ハーブも完全に放置状態だったのに、
季節が変わると、きちんと約束したみたいに花を咲かせ始めた!!

愛おしくってたまんないな。

勝手に生きててくれています。
でも、小さな鉢の植え替えくらいは自分でも出来るよ。
ほら!

鉢を少しだけ大きくしただけで、こんなに嬉しそうな顔をしてくれるんだからね。
可愛い奴だ。
早く思いっきり土と戯れたい〜〜。

幸子は私がニゲラサティバにハマってからN子に「サティバ」と呼ばれています。
そして、、ご想像通り、、変化してって、、、「幸婆」、、、さちばあ。

さあしゃ、さっちゃん、さあ、さもに、もにっと、さもなん、さしゃら、ちゅるり、
サーモン、さちこ、、、そして、サティバ、さちばあ。。。


お母さんのお友達は、みんな勝手に違う呼び方をするもんだから、
あたちは結構、大変なんだよっ!!
・・・・
それにしても、本当に頭ぼっさぼさのサティバア・・・・

かちこ。
(ん??さちこ??)


 
| - | - | Megu’s BAR |
ゆるゆるウィーク
かつてこれ以上だらだらした日々を過ごしたことがあっただろうか??
幸子とふたり、誰にも会わず、PCもあけず、何もしなかった5日間。
ウッドデッキで、好きな本ばかり読んでいました。


最近、ハマっている「音叉療法(サウンドヒーリング)」で、
幸子と一緒に「電磁波などで狂った周波数」を整えて。

周波数528Hz。かなり気持ちがいいです。
増川いづみさんの「いのちの調律」は、本当に素晴らしい本ですよ。
電磁波だけでなく、放射能のことや、動物たちのことや、、、
今の地球の悲鳴が聞こえてくる。
一人ひとりが何かをしないとという大事なことが書いてあります。
まずは自分を整えないと〜〜。
最近、ますますPCの「んんん〜〜」という音が大嫌いになっている
ワタクシ。ほとんど切っています。
もちろんスマホなんて持ってません。


最高のお天気に恵まれて。

切り取る場所によっては、避暑地に来たかのような庭で。
公園にも、カートを押して何度か行ったけど。

あとは、ひたすら、家で、だらだら〜〜。ごろごろ〜〜。
5月1日に仕事の締めと買出しを済ませ。料理すらしなかった。
まるで正月のような引きこもり方。たまにはこういう過ごし方もいい。
脳みそが溶けそう。溶けちゃったかな?


さあしゃはそんなGW中に、16歳になりまちた!

お花をありがとう。

うれちいね。

まだまだ、さっちゃん、元気にがんばりますよ!
かしこ。
 
| - | - | Megu’s BAR |
| 1/15PAGES | >>